• Ryota Yamashita

LURRA°

愛知県立芸術大学での講座終了していざ京都へ、自分にとって凄いと思える友人、宮下拓己君が始めたお店『LURRA°』へ行ってきました。彼との出会いは2017年のメルボルンで、ジェントルフォークのギャレスさんに江本健太郎くんを紹介された時に隣にいたのが和装した彼でした。

お互い帰国した後も自分が東京へ行った時に彼が居候していた部屋に居候させてもらったりしました。

その時は、深夜までどちらかが寝るまでずっと会話が途切れず、LURRA°のオープン前という事もあり、お店の構想についても聞いていたので今回お店へ伺えるのを楽しみにしていました。



「お店が完成したら、亮太君にも何かやって欲しいな〜」と拓己君が言ってくれていたので看板でもなんでも彫るよ〜!

と意気込んでいたのですが、依頼してくれたのは木のスプーンでした。。。ん?自分スプーン作った事ない!!スプーン作りには苦手意識がありずっと避けてきました。試作作りから始めてオープンまでに間に合うかも不安だったのですが、なんとか納品する事ができました。


同じ仕事を繰り返す作業は初めてで、同じ形で作っているつもりでも不揃いになったので、もしかしたら使われてないかもな〜、、、という心配もあったのですが、実際にLURRA°の料理とペアリングを楽しみながら、他のお客さんと一緒に自分が作ったスプーンで食事をする空間は、今までにない高揚感がありました。不揃いなスプーンもお店にあっていた気がして一安心しました。


東京の『KABI』の健太郎君には今まで作ったことのなかったドアノブを、

京都の『LURRA°』の拓己君へは今まで作るのを避けてきた木のスプーンを、 二人とも自分の作風を熟知しながら、違うジャンルへ導いてくれて感謝です。

同じ日にメルボルンで出会った尊敬する二人のお店に携わらせていただいてとても光栄です。



LURRA°

〒605-0021 京都府京都市東山区石泉院町396 396 Sekiseninchō, Higashiyama-ku, Kyoto, 605-0021

https://lurrakyoto.com


です。是非味わいに行ってみてください!!!




10回の閲覧

© ryotayamashita